?西鉄グリーン土木
にしてつグループ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HySPEED工法とは

硬化剤を一切使用しない天然砕石パイル工法「HySPEED工法」は、地盤に孔を掘り、その孔に砕石を詰め込み石柱を形成する、天然素材のみを使った、人・環境に優しくとっても強い、軟弱地盤の地盤改良工法です。

 

HySPEED工法は砕石と空気しか使いません。100%の自然素材と地盤の特性を上手く利用した、環境負荷の非常に小さい環境保全型地盤改良であり、お施主様の「健康」と「資産」を守る地盤改良工法でもあります。


【HySPEED工法の代表的な特徴】

地震時の衝撃に強い
砕石パイルと現地盤で複合的に面全体で建物を支えるので、安定した強さがあります。
環境にやさしい
天然の砕石しか使わないので、土壌汚染や環境破壊による周辺地域への悪影響を起こしません。
産廃費用が発生しない
産業廃棄物(コンクリート、鉄パイプ)として扱われないので、将来取り除く必要がありません。
リユース
将来家の建て替えをするときも、同程度の家であれば繰り返し使えます。
液状化防止工法
地震時の液状化を排水効果により阻止します。
工事保証
日本大手保証会社の認定工法です。
CO2を5,000?削減
砕石しか使わないことにより他の工法に比べCO2の排出を少なくします。
※建坪20坪程度の1戸分の施工で5,000?削減。
無公害工法
今まで施工が出来なかった地下水の多い地盤やセメントの固まらない腐植土の地盤、六価クロムの出る火山灰の地盤でも施工できます。
永久地盤工法
セメントや鉄パイプのように劣化したり、錆びたりしない、永久地盤方法です。


大雨と大地震を想定した強度があります

住宅建て替えにまで及ぶ地震被害には、建物の強度不足によるものの他に液状化による地盤沈下がありました。
十勝沖地震(震度6.4)や阪神大震災(震度7)でも、岸壁で大きな被害が発生しましたが、砕石を使った地盤改良では大きな被害はなく、 現在の工法の中では最適とされています。


砕石を使ったHySPEED工法では、せん断に対して追随することで、杭自体の破損を起こしません。また、地盤そのものを強くしますので、地震の揺れによる共振を和らげる効果があります。


砕石パイルはそれ自体が水を通すため、水圧を逃がす効果があります。何本も造られた砕石杭によりその効果は絶大で、地震による液状化を事前にくい止めることができます。
また、砕石パイル自体の隙間が水を通すということは、大雨の時に地面や屋根に降った雨を、地盤に浸透させることができます。雨水を地盤に浸透させると川へ流れる雨水を抑制することができるので、洪水を防ぐ効果もあります。

 

土地評価の目減り問題

既存工法のセメント系の地盤改良と鋼管杭は、地中埋設物に該当することから、施主の不動産価値を毀損してしまうリスクが存在します。

問い合わせ

ご不明点などございましたら、お気軽にお問合せください。